SSL通信の基本的な仕組みとは?情報流出を防ぐ

SSLで個人情報流出を防ぐことができる!SSLの仕組みとは? - SSL通信の簡単な仕組み

SSL通信の簡単な仕組み

SSLが必要なことは、ショッピンサイトの運営者などになりたいと思っている方ならば、高く認識をしていることでしょう。
しかしながら、ネットショップを始めるなら、SSL導入は必須だよと言われているから、仕方なく右に倣えでSSLを導入しているという運営者は少なくありません。
とにかくネットで商売をするためには、顧客からの信頼を獲得することが必須で、それがSSLの導入と強い関わりがあるといった程度の知識しかない。
しかしながら、もうちょっと踏み込んで、SSLがどのような役割を担っているのかを理解するだけでも、インターネットにおけるセキュリティについての大事さを理解するきっかけになるのではないでしょうか。

ユーザがネットショップで購入した時の主な流れ

ユーザがあなたのサイトにSSLでアクセスをすると、サイトは電子証明書を送信し、公開鍵も送信をします。
そのデータは、認証局の手法によって暗号化されています。
入手した公開鍵を利用して、電子証明書を復号化(暗号化を解き平データ化すること)し、公開鍵の入手を行ってくれます。
更にユーザとサイト側のみの共通キーを作成し、公開キーを暗号化して、サイト側に送信をする。
暗号化した共通キーを受け取り、復号化をして、共通キーを手に入れ、これらのキーを使い、以降は、データ送受信が早い状況で暗号化通信を行うという手間の掛かることをほんの数秒から数分で行ってくれるのです。

ダイヤログで聞いてくれる

SSL通信を行う際には、この証明機関を信用しますかというダイヤログがポップアップして登場します。
ここで知らない証明機関であれば、拒否をすればいいだけなのですから、ユーザには非常に判断がしやすいものといえるでしょう。
SSLを導入しようとした場合、どこの運営会社を選択すればいいのかという悩みを抱える方は多いことでしょう。
ざっとあげるだけでもSSLのブランドは、シマンテックやジオトラスト、RapidSSL、セコムパスポートfor WEBなど沢山に存在しているのです。
有名なブランドであれば、やはり訪れたユーザの安心度も違ってきます。
世界シェアナンバーワンなどの肩書きを持っているブランドならば、日本のみならず世界中のサイト運営者に利用されているという証拠ですから、IT後進国とされる日本のみのシェアで判断するよりもサービスの信頼度は確実に判断出来るかもしれません。

どういった種類の証明書をサポートしているか

前述に挙げたようなブランドの場合には、大抵の証明書はサポート出来ていますが、ドメイン認証が強いのか、企業認証に強いのか。
最高峰のEV SSLに強く、様々な種類をサポートしているというブランドも存在しています。
最初はドメイン認証のみから始め、サイトの状態を見て、後々にグレードアップするということを見据えて、この3種類の証明書すべてをサポート出来ているブランドを選択するのも一つの選択方法と言えるでしょう。

やっぱりコストも比較すべき

hytjytd
やっぱり気になるのはコストですよね。
商用でもないにも関わらず、何十万もするようなコストを掛けるのは、ちょっと微妙ではないでしょうか。
個人運用レベルのサイトでユーザのためにSSLを導入するといった目的の場合には、やはりコストは安いドメイン認証でしかもローコストなプランを提供してくれているものを選ぶと良いでしょう。
取り扱う情報が個人情報はもちろん、決済情報なども取り扱う場合には、やはり最高レベルのセキュリティを提供してくれるようなSSLを選んでいきましょう。
■SSLサーバ証明書 | 信頼の国産CAなら格安のアルファSSL
■https://www.toritonssl.com/
SSLサーバー証明